知っておきたい!ヒアルロン酸についての基礎知識

そもそもヒアルロン酸とは何か

ヒアルロン酸とは、体内にもともと存在する「ムコ多糖質」と呼ばれる物質の一種です。特に「保水力が非常に優れている物質」であることが特徴で、その保水力は自身の重量の約6,000倍あると言われており、体内の機能維持に欠かせない物質として最近注目されています。ヒアルロン酸の働きには、肌の保湿性維持や、しわ・たるみの予防、そして肌や関節軟骨の機能維持といったものがあり、特に高齢の方に不足している物質だと言われています。

ヒアルロン酸の量は年齢とともに減っていく

ヒアルロン酸は、もともと体内に存在している物質ですが、年齢とともにその量が減少していく物質でもあります。ヒアルロン酸が最も多いのは赤ちゃんの時期で、それから年齢を重ねていくごとに減少していきます。30代になると急に減少し始め、40代になると赤ちゃんの頃と比べて50%の量にまで減ってしまうと言われています。さらに60代になると赤ちゃんの頃から25%まで減少してしまうため、肌や関節の不調といった老化現象の原因になると言われています。

ヒアルロン酸の効果的な摂取の方法

ヒアルロン酸を体内に補うためには、そのサプリメントなどを摂取するという方法があります。ただしお肌に関しては、真皮を構成しているコラーゲンやエラスチンなどもバランスよく摂取するほうが良いと言われています。さらにヒアルロン酸の効果を高めるとされるビタミンCやビタミンB群を合わせて摂取すると良いとされており、特にビタミンB2は、ヒアルロン酸の保水力を高める働きがあると言われています。また、効果を長時間持続させると言われるコンドロイチンの併用も有効だとされています。

ヒアルロン酸とは人の体内に存在する成分でムコ多糖類のひとつです。その中でも特に水分を保持する力が優れた成分です。

Related Posts