ちょっと料金はかかるかも?でも目立たない歯の治療

舌側にブラケットをつける歯の矯正

日本人は欧米人に比べてあまり歯並びに頓着しないと言われています。欧米では歯並びが悪いことは肥満と同じで自己管理ができていないとみなされ、ビジネスでも不利になることさえあります。最近では日本も欧米並みに歯列矯正がさかんになり、大人も歯の矯正をしている人もいます。ただ、大人になってからだと歯に矯正器具をつけるのが恥ずかしい、ということもあり、そういうときには舌側、つまり歯の裏側に器具をつけることもあります。

少し費用はかかりますが、目立ちません

ただし、舌側に器具をつけるとなると、舌に感じる違和感もありますし慣れるまで少しかかります。それに、少々費用もかかります。歯の表面に器具をつける場合ならだいたい一般的な場合で80万程度ですが、舌側だと120万など1.5倍以上の治療費になるようです。矯正には3年ほどかかるため、その間ずっと見た目が苦になってしまう人なら、少し費用がかさんでも見えない矯正をするのがいいでしょう。また、人前に出るような仕事の場合にはどうしてもこちらを選ばざるを得ないこともあります。

矯正については専門家に相談してから

歯列矯正を考えるときには、見えない矯正を得意とする歯医者さんに何件か問い合わせて、自分の歯がどれくらい費用がかかるか判断してもらいましょう。矯正相談を行っている歯医者さんも多いですし、初回の相談は無料というところもあります。どんどん新しい矯正方法も増えていますので、使える費用と照らし合わせて自分に合った方法を選ぶのがコツです。新しい矯正方法だからといって費用がかかるばかりではなく、古い方法より安く済むこともあります。

歯のセラミックの料金は自費診療になりますので、保険の治療に比べて費用はかなり高くなりますが、その分材質も良く長持ちするので、長い目でみるとそれほど高い買い物ではないと言えます。

Related Posts