歯列矯正をしよう!最近登場の「目立たず直す方法」

虫歯予防に、コンプレックス解消に!早めに治そう

歯のトラブルはつらいものですよね。虫歯があると毎日の食事のたびに痛んだり違和感が残ったりと気分が憂鬱になり生活のクオリティ低下をもたらします。そして虫歯にこそ至っていないものの、早めに対策しておくべきものに「歯列の乱れ」があります。歯並びが良くないと口内のデコボコに食べかすが残りやすく将来の虫歯を誘発しやすくなります。また審美的な意味でもコンプレックスになり気後れを生むといった声があります。近年は他人に気づかれにくい多様な歯列矯正方法が登場しています。

歯の裏側にチップをつけて直す

ニッと笑うと横一文字に金属ワイヤーがキラリ歯列矯正と一口に言うと、多くの人には こんなイメージが浮かぶのではないでしょうか。最近ではこのように目立ってしまう補正金具を「歯の裏側」に施す方法が用いられるようになってきました。歯の一枚一枚の裏側に極小のチップが取り付けられる形です。最新光学技術の導入でデジタル的に一人ひとりの歯の「個性」を読み取ることが容易となりました。さらに三次元CADで設計処理して作り上げられたチップは、口内への違和感を極小にする工夫がなされています。

マウスピースを噛んで直す

取り付け型のほかには「マウスピース」による治療があります。ボクサーが試合時に噛んでいるような物をイメージすると分かりやすいでしょう。これは「理想的な歯列」が型取られていて、徐々に歯の位置が治っていくに従い順に別のマウスピースに取り替えながら矯正していく事になります。もちろん素材は透明で目立つことなく装着できます。取り外し自由で食事も引っ掛かりを気にせずに楽しめますが、一方で患者の意志でいつでも外せてしまうために 治療が不意に長引くケースもあります。

オールセラミックとは、かぶせ物や差し歯に金属を使用しないでセラミックだけでできているもののことを言います。

Related Posts